京都のLocalな手ぬぐい


Whole Love Kyotoは、リサーチパートナーであるKYOTO T5 と共に、京都をリサーチすることで出会った人々と「伝統」と共同で制作し、世界のマーケットに問いかけることを繰り返し重ねている。
そのためKYOTO T5に所属する研究メンバーは、京都の職人工房や老舗を訪問する際に、お土産として「手ぬぐい」を持参することも多い。しかし選ぶ手間もコストもかかるということにささやかな問題を感じたメンバーたち。その発案により「では自分たちでデザインデザインした手ぬぐいを持参するのはどうか」とプロジェクトが発足した。

理由のないデザインの手ぬぐいよりは、京都のリサーチを背景としたKYOTO T5ならではのデザインの方が自分たち「らしい」ということで、ワークショップ形式でデザインをすすめた。
ワークショップ開催日までに各々がリサーチを進め、当時その場で実寸大でデザインした。結果、非常に良質なデザインがいくつも提案され、製品化=手みやげ化された。

1_うなぎの寝床:京都 清水にある町屋の図面を元にデザインしたもの。
2_菓子木型:老舗「鍵善」に借りた菓子木型を用いて、ちぎり絵でデザインしたもの。
3_鑽(たがね):錺金具の職人が仕事に使う鑽という道具の拓本をとり、デザインしたもの。

今年の夏に販売を開始し、Whole Love Kyotoの店舗/オンラインストアの他に恵文社、大垣書店(京都)、ホテルカンラ、THE EYEVAN 京都祇園などで取り扱いしていただいた。

デザイン一つ一つのこだわりについて詳しくは、
Whole Love Kyotoのオンラインストアでご覧いただけます。

©2022 CHIMASKI design All rights reserved