中学生まるびぃアートスクール「考え方を考える」

運動部と比べてしまうとどうしても、
美術部=暗い というイメージがある。

(WORKSHOP)
中学校の美術教育の質に疑問を感じていた金沢21世紀美術館がこのアートスクールを開校することに決めた。
たしかに質の低い美術を教えるくらいなら、なにも教えないでほしいと思う。
なぜなら、子どもたちの「美術」に対する印象はその時点で確定してしまい、それを変えることは容易ではないからだ。

このアートスクールではワークショップ形式で、作ることで答えのない問答をしている。
運動部と比べてしまうとどうしても、美術部=暗い というイメージがあるので、それをくつがえし、
美術が本来持っている強さを体験させたいと思っている。
これまでに
南方熊楠に着想を得た、魔法のひきだし
中学校合同書道展に怒りを覚えた、魔法の書道展
家について考える、魔法のhome
体のそばに宇宙を感じる、魔法のヒカリ
自分で伸び縮みさせられる魔法のジカン
を開校し、今年は魔法のミミ。

1年に5回のワークショップと展覧会がセットになっていて、カタログも付いている。

(BOOK)
チーフキュレーターの黒澤さんとこの本をどういう位置づけで制作するかという打ち合わせが、冬の寒い日に
京都・鴨川沿いのカフェで行われた。
「中学生って本読まないから」といって、写真集のような、つまり卒業アルバムみたいなものをつくっても仕方ない。
彼らの10年後、ある程度大人になった時(たとえば一人暮らしのために引っ越すときなど)に出てきて、読んで見たら
人生変わるみたいな本にしようということになった。
となると、薄い本にするとみずぼらしくて捨てられる可能性がかなり向上してしまうので、
色数を減らしてでも、本を存在感のある厚さにデザインすることが大切になった。
欧州のZINEなどに見られるような、1色でも品があって貧乏臭くないデザインを目指して試行錯誤した。

When you compare art groups with sports, art groups signify gloomy.

1st Century Museum of Contemporary Art, Kanazawa was questioning the quality of art education at middle school so they decided to open their own art school. I think if they teach art poorly, it’s better they don't teach at all in middle school. That is because impression towards “art” is determined when they are taught for the first time, and it is not easy to change it. This art school is built for workshop basis, and designed to question and search answers by creating something. In general, at school, when you compare with sports, art groups signify gloomy. So they wanted students to experience the strength that art primary has. So far, we opened classes of Magical withdrawal, inspired by Minakata Kumagusu Magical calligraphy show, inspired by the anger that came from a middle schools’ joint calligraphy exhibition Magical home, which you think about home Magical light, which you feel space closer to your body Magical time, which you can expand and contract And this year, it’s Magical Ears Workshop happens five times a year, including an exhibition and catalogue.

 

(BOOK)

In a café along the Kamogawa river in Kyoto, on a cold winter day, we discuss with Kurosawa, the chief curator, how we place the book. It does not create any significance if you make a book like a photo book or year book only because “middle school kids don’t read books.” We eventually concluded that we wanted to make a book that they would read when they grow up and found it (for example, when they move to live their own), they would read it again and their life would change. That means, if the book was thin, it’s more likely that they would throw away so it became more important to design it thick, even if we had to give up some color options. We tried to design better, zines you see in Europe as examples, many times to make it not look like poor even with one color.