Dream don’t sleep

だいたい人の眠っている姿は優しい。
こわいおじさんも犬も眠っているときはかわいくみえる。
読んでもらえそうだと思った。

この仕事は大学の職員のためと、そして広報のために作られることになった。
最近の教育機関は「目標を持とう」「夢を持とう」「将来のためのキャリア教育」とひっきりなしに語っている。
結果として学生は「夢」という言葉がキライになったり「進路」という言葉におびえたりしているのが現状で、
自分がやりたいことが見つからないことに対して、必要以上に不安になったりもしている。

ではそれを子どもに言っている大人の方はどうなのか、「夢」はあるのか、子ども達は聞きたいのではないかと思った。
お手本を示せと学生らは言っている。学生の頃の「夢」は多くの場合「職業の名前」のことを言う場合が多いけれど、
すでに仕事をしている人たちの夢は何かな?という素朴な疑問もあるだろう。
どんな仕事でもそうだろうけれど、キャリア教育という旗を振って仕事している人は自分自身が誰より「夢」と
向き合っていてほしいと思う。
そこには理想と現実のギャップもあるだろうし、プライベートと仕事の狭間で揺れる自分もいるだろう、
しかしそれでも向き合い続けないと、それを教育する資格なんてないはずだ。

ブックデザインを始めるにあたって、真面目に作りすぎるといけないと感じた。
「夢」のように、言葉にすると胡散臭くなりがちなものを扱うのに真面目にやってしまうと、
かっこつけすぎたり、なにかの新興宗教みたいになったりしそうなので、どう崩すかということに頭を使った。
内容が濃く正しいものである場合の多くは、その伝え方に気を遣わなければならない。
でないと絶対的な正義の押しつけみたいになってしまい、読んでもらえない。
とはいえ、お笑いにするわけにもいかないというところで
悩んだ末に、出たアイデアが、とてもシンプルな寝てるときに見る「夢」と合わせてみようと思った。
瞬間、頭に浮かんだ絵が大学の教授や事務局の人がパジャマ姿で撮影されている様子、
タイトルはDream don't sleep.
たったこれだけを思いついた時点で、もうできたと思った。
パラパラとめくると、いい齢した大人がパジャマで寝ている写真、その横には起きているときにみる「夢」のテキスト。
それだけで素晴らしい本の予感がした。だいたい人の眠っている姿は優しい。
こわいおじさんも犬も眠っているときはかわいくみえる。読んでもらえそうだと思った。

自分の頭の中で、完成していたが、担当者にこの話をしてみると彼らは口々にこう言った。
「いや~そんなことやってくれないですよ」「パジャマはともかく、マクラを持ってきてもらうのはムリでしょう」
その後数回の打ち合わせで、こちらが不安になることを何度も言われたが、
折れることなくしつこく「お願いするしかないでしょ」と言い続けた。
一体どうなることかと、とても不安になりながら迎えた撮影当日、
1人目の教授はまくらの代わりにうなぎを穫る道具を持ってやってきて、ドカンと寝転んだ。
2人目はスーパーマーケットの袋を持参でやってきて、セロリや人参を床に並べはじめた。
インスタレーションのようだった。来る人来る人色んな演出を用意していて、始まる前の不安はどこかに飛んでいき、
次は何がくるかなという期待に変わっていった。ぼくはこの撮影で生まれて初めて、パジャマの帽子を見た。
自分が考えたことだけど、皆がそれを勝手に解釈して楽しんでくれて、参加してくれて、こちらの想像以上のものになった。
そういえばここは芸術大学だったなと思った。

この本が学生募集に直接繋がるかどうかは分からないが、それより一緒に働く人同士がお互いのことを少しでも知ることは、
関係性の発展に繋がるだろうし、また学生らにとっても自分を教える先生の人間味や、
事務局で世話をしてくれる大人の違う表情をみることができるいい機会になったはずだ。
(この機会をつくるために、大学で最もお金を持っている学生募集の予算を利用させてもらったというのが正直なところ)

Even scary grandfathers and dogs look sweet when they are asleep.
I thought the book would be read.

This project was created for the faculties and PR of the university.
Today, educational institutions say constantly that “have a purpose,” “have a dream” and “have a career plan for the future.”
As the result, university students stat to dislike the word “dream” and scared of the word “career path” then many of them are feeling nervous about not having a clear vision of what they want to do.

How about adults who tell these thing to the kids though? Do they have “a dream”? The kids probably like to know about it.
The students say that show them the examples. When you are in school, “dream” often means “a name of occupation,” but how about the dream of those who work already? That should be an real question.
This can be said to all kinds of occupations, but I want people who claim education for career building to face “dream” more than anyone else.
There must be a gap between ideal and reality, and one might also struggle to balance personal life and work.
Still, they should keep working on it if they are in a position to educate people.

As I began designing the book, I felt that I shouldn’t be too serious.
Like “dream,” when you work on something you say out loud and it becomes cheesy, and if you work on seriously on it or make it cool, it could look like a religious group’s book so I spent a long time thinking how to deconstruct it.
This is often the case but when something is profound and rich, you have to be careful how to convey it.
Otherwise, it could become absolute justice and people won’t read.
But I can’t make it comedy so after the long brainstorming, I had an idea to link simply with a dream you have when you sleep.
At that moment, I saw an image that faculties and university staff in their pajamas and being taken photos. The title is Dream Don’t Sleep.
When I came up with the idea, I thought it’s done.
When you flip the pages, you see the pictures of adults in pajamas sleeping; next to it is the text of “dream” which you see when you are awake.
Just that, I sensed a wonderful book. First of all, sleeping faces are kind.
Even scary grandfathers and dogs look sweet when they are asleep. I thought the book would be read.

It was complete in my head but when I told the people in charge of this project about this, they all said;
“They won’t do that.” “Maybe pajamas but their own pillows? No way.”
At the following meetings, they made me nervous about this but I kept telling them stubbornly “we just need to ask.”
I couldn’t tell what’s going to happen on the day of the photo shoot and was very nervous.
First professor came with a tool to catch eel instead of a pillow then got ready to sleep.
Second one brought a supermarket plastic bag and started lining up celery and carrots on the floor.
It was like an installation piece. Every one of them who came to the shoot prepared with their own production so I forgot that I was nervous, moreover, I could not wait for next ones. For the first time in my life, I even saw a pajama hat.
I am the one who thought about this, yet because they interpret and enjoyed on their own way, the result came out more than I expected.
I realized again that this is an art school.

I am not sure if this book will directly help to attract more students, however, knowing about people who you work with will develop your relationship with them and also for students, it created a great opportunity to see a different side of their professors and the university staff members who take care of them.
(Actually we utilized the budget of student recruitment department, which has a biggest budget at the university, to create this opportunity.)