very very sorry

憶えてもらうためにどこの大学にもない
「正直なパンフレット」を作ろうと思った。

今年で制作10年目となる、京都造形芸術大学のパンフレット。
まず、制作にあたって、それまでのパンフレットの効果の分析を行うため、入学したばかりの1年生にアンケートをとった。
知りたかったのはどんなコンテンツが人気かということだったが、驚いたことには一番多かった回答は「憶えていない」だった。
これはとてもラッキーな事実で、憶えていない理由を考えると
①高校生がたくさんのパンフを見ているので、覚えられない
②つまりどこも似ている
③うそっぽい

多くの大学パンフは、1枚目めくると校舎の美しい全景写真、次のページは学長のキレイな言葉、そして学科の紹介があって、
後ろの方に学食などの学生生活のことが載っている。
きっと、この整理された感じがうそっぽい。
美しい写真がうそっぽい。
美しい言葉がうそっぽい。
のだろうと思った。

新しいコミュニティに属したときに人はまず、憶えてもらいたいと思う。
それと一緒で、この大学も憶えてもらわないと 始まらないと思った。
その後にどんな風に憶えられたいかをコントロールしていくことがブランディングに繋がっていく。
憶えてもらうためにどこの大学にもない「正直なパンフレット」を作ろうと思った。
正直な人はそんなに嫌われることもないだろう。
そのために学生と作ることが最も正直に繋がると思った。
学生が作る分、デザインは荒く雑になる。こないだまで高校生だった子が作るんだから、当然だ。
しかし、それも生の感じ、人のぬくもりを感じられる点で効果的だと思った。

To be remebered, we though of making “honest panphlet” that you wouldn’t find anywhere else.

t’s the 10th anniversary of a pamphlet for Kyoto University of Art and Design.
We first conducted a survey to freshmen to analyze the effects of the past pamphlet.
What we wanted to know was the popular contents, then we were surprised by the biggest answer- “I don’t remember.”
It’s a very lucky answer and we thought of the reasons:
1. High school students see a lot of university/college pamphlets
2. They look alike
3. They don’t look honest

Most of the school pamphlet begins with the beautiful photo of a school building facade, followed by the president’s clean words, the descriptions of departments and the life of students with the photos of cafeterias to conclude.
Perhaps, it’s too organized that it makes it kind of dishonest.
Beautiful photos make it dishonest feel.
Clean words make it dishonest feel.

When people belong to a new community, people first want to be remembered. Just like that, this university also needs to be remembered.
It does not begin, otherwise. We then needed to control how we wanted to be remembered to start the branding.
To be remembered, we thought of making “honest pamphlet” that you wouldn’t find anywhere else. People usually don’t hate honest people.
To do that, we thought it’s the best way to work with the university students.
Because the students design it, it would look like little messy, but they were in high school until recently so that’s normal.
That’s also gives the sense of rawness so people can feel the warmth, and that’s effective.