JAPANESE TIP

割り箸の箸袋から会話しながら、
手が勝手に動いて何かよく分からないものを作った経験。

ごはんを食べに行ったとき、会話しながらわりばしの箸袋を折ったり丸めたりしたことがある人は多いと思う。
手が勝手に動いて何かよく分からないものを無意識のうちに作ってしまう。 その何かよく分からない物体になった箸袋を店員さんが空いた皿等と一緒にゴミとして捨てる。
そこに目をつけて、よく分からない物体になった箸袋=チップ ということにして “チップ”の習慣のない日本における、お客さんからのありがとうの印! という提案を全国に広めたいとの強い思いを持つJapansese Tip主宰・辰巳くんからの依頼で、 絵本を制作し、クラウドファウンディングを促すことになった。 たしかに片付ける店員さんも、なぞの箸袋も、ありがとうの印なんだと思えたら 仕事にも張りが出るに違いない。 クラウドファウンディングは見事に成功し、彼は現在その資金で全国の飲食店との繋がりを作っている最中だ。 
2017年には東京でその成果を展示し広く公開。空間デザインを担当した。
2018年にはフランスで展覧会をした。

That moment when you folded and created something unknown
with the paper case of chopsticks while you chat.

When you eat out, you might have folded or played with the paper case of chopsticks while you chat. Your hand move unconsciously and making something unknown. Servers will throw that now something unknown as trash when they collect dishes. There was a man who found it interesting, and thought of the unknown object as tip. So it’s a sign of gratitude from customers in Japan where tipping culture does not exist! The man was Tatsumi who started Japanese Tip, which aspire to disseminate the idea around Japan. He then asked us to create a picture book about the idea so we launched crowdfunding to make it. If servers who clean the tables can think that paper cases of chopsticks as token of gratitude, I believe they can work with a good feel. The crowdfunding was a success, and with the funding, he is currently traveling and making network with restaurants around Japan. In 2017, he will show the project result as an exhibition format in Tokyo.