シュウカツ手帳

「内定=芸術大学生のゴール」ということにはしたくない。

学生の自発的な就職活動を促すために、京都造形芸術大学にキャリアデザインセンターが創設された初年度から 制作させてもらっている手帳。
そもそも芸術大学の学生って就職活動するの?というのが一般の方の思いだと想像できるが、 最近は入学前に親御さんが就職率などを非常に気にする世の中で、芸術大学にもその実績が求められるようになった。
しかし「内定=芸術大学生のゴール」ということにはしたくないというこちらの想いに、 キャリアデザインセンターのヘッドにも共感してもらい、 この手帳の内容は「シュウカツ手帳」としてはかなりおかしくできている。
単純なHOW TO本にせず、 世界を広げてもらうための「世界旅行記」、 気分を変えてエントリーシートを書くのに「おすすめのカフェ」、 京都・大文字山に登る過程で出会ったお年寄りに「結局人生で何が大切だったか」をインタビューする、 など就職のその先と自分自身の幸せに想いを馳せる内容にしている。
そして何より応援の気持は忘れない。

We didn’t want “securing a job = the goal of art students.”

To encourage students’ spontaneous move for job hunt, Career Design Center was formed, and since the first year of it, we make their handbook. Do art students, first of all, do job hunting? This might be the general question, but recently, parents worry about the percentage of employment after the students graduate so there is now a need of results and successful examples. We however didn’t want it be “securing a job = the goal of art students,” and the head of Career Design Center agreed. This guidebook is, therefore, very strange. Instead of making it a simple how-to book, we made contents such as “World traveler’s journey” to expand the view; “Recommended cafes” where you can refresh to write applications; Conversations with elderly hikers at Daimonji Mt on the most important things in life etc. We look for beyond getting a job, but place each student’s can think of ideal happiness.
We also never forget rooting for them.