I’m here

そのグラフィックをNISSHAに見せたところ、
社長が1つの石を指差しながら「私はこれだな」と言った。

ある日、京都にあるハイクオリティーな老舗の印刷会社NISSHAから80周年記念事業として、
社員3500人全員の「夢」が載っている本を作ってほしいと依頼された。
NISSHAには普段こちらから印刷物の仕事を依頼しているので、そこからこの仕事に繋がったことは嬉しかった。
しかし、3500人のテキストが載った本。1人1ページ使っても単純計算で3500ページ。それは広辞苑よりも更に厚く、 重たい本になることが確定する。
更にNISSHAの社員は世界各国におり、顔を見たこともない人がたくさんいる。 知らない人の夢なんか誰が読みたいと思うだろうか。もし、この本ができて、社員に届けられたら多くの方が「こんなもん作るお金あるなら給料あげてくれ」と思うだろうし その本はきっともう二度と開かれることなく、ドアストッパーとか子どもの椅子になってオシマイだと想像できた。しかし、こんな馬鹿げた依頼をしてくれる大企業があることはとても嬉しかったし、なんとしてもデザインしたいと思った。

まず始めに、3500人という数がどれくらいか実感が持てなかったので、琵琶湖へ行き3500個の石を拾い、それを並べて撮影した。
そしてそのグラフィックをNISSHAに見せたところ、社長が1つの石を指差しながら「私はこれだな」と言った。
この時に今回のプロジェクトの全体像がはっきり見えた。
3500人の会社の社員に、3500個の石を見せたら自分はどれか考える。自分を探す。
だから、このプロジェクトは自分を探す本にしようと思った。 そして社員一人一人が自分がたしかにNISSHA3500人の1人であることを実感させたいと思った。
それは当たり前の事実だけれど、しかし当たり前のことをしばしば忘れてしまうのが人間だから、それに気づくことは ささやかだけどたしかにその人を励ますだろう。

具体的には社員の家にプロジェクトへのインビテーションが送付され、そこにある難しいアンケート用紙に記入し、
ポスティングすることでプロジェクトへ参加し、その後、本ができるまでの過程は専用のサイトや社内に貼られたポスターで 知ることができるようになっている。
完成し配られた本の名簿部分から自分のキャラクター(このキャラクターはアンケートの回答からデザインされている)を知り3500人の中から自分を探し出す。そして自分を見つけたら、そこにI’m here の吹き出しシールを貼る。
このプロジェクトのタイトルは「I’m here」

I showed the image to NISSHA, and
the president said, pointing a stone, “I’m this one.”

One day, the high quality, long established printing company NISSHA in Kyoto asked us to create a book of the all 3500 employees” dreams for the company’s 80th anniversary. We’ve been printing our work at NISSHA so working for them made us happy. But a book with the text of 3500 people.. Simple math of one page for one person would be 3500 pages. It would be thicker and heavier than an encyclopedia. NISSHA’s employees are, moreover, around the world, and many of them never even met. Who wants to read a stranger’s dream? I imagined the company spending a lot of money and making this book would make the employees think “raise my salary if you have money for this.” Also, the book would probably never be opened again, but eventually become a chair for a child or doorstopper. I felt glad, however, by the fact that there is a big company asking us for such a strange request so I wanted to design this whatever would happen. I could not picture how big the population of 3500 people were so I went to Biwa Lake, and picked 3500 stones, lined them and took photos. Then I showed the photos to NISSHA, and the president said, pointing a stone, “I’m this one.” At this moment, I clearly saw a whole picture of the project. Show 3500 stones to the 3500 employees, and they might think which one is me. Searching for oneself. This project, therefore, became a book about searching for oneself. By doing this, I wanted each employee to feel that they are a part of NISSHA’s 3500 people. It’s a simple fact, but humans forget what they are surrounded by so realizing it encourages people even if a little bit.

The process begins with an invitation sent to every employee’s home, and answer difficult survey, and posting it make him or her a part of the project. The rest of the process are updated online and therough the posters at the company. When you receive the book, you find your name in the index, which associated to a character (the characters are designed according to the answers of the employees). Then you find yourself among the 3500 people. When you find it, you put a sticker that says I’m here. The name of this project is “I’m here.”