MAIZURU smART SCHOOL

美術やデザインに対する理解や関心が育ちにくいこの土地の
潜在的な欲求を表出させてほしい。

(WORKSHOPについて)

“美術やデザインに対する理解や関心が育ちにくいこの土地の潜在的な欲求を表出させてほしい” という依頼でワークショップをすることになった。
それが表出され交流しないと新しい文化が立ち上がってこないからだ。 そのままのタイトル「MAIZURU ART SCHOOL」を提案されたが、 ARTというワードにはそれに関心のない(=私には美術は分からないと思って遠ざけている)人にとっては、 届かない言葉だろうし、美術やデザインは、センス(感覚)より、スマート(賢さ)でする仕事になってきている時代なので、 「MAIZURU smART SCHOOL」というタイトルはどうかと、京都三条のスマートコーヒーで打ち合わせ中に提案した。
開催されたWORKSHOPにおいては、“それは普段の授業と違って答えのないこと”ということを体験してもらうことを まずは第一義において、行った。

 

(BOOKについて)

WORKSHOPのアーカイブブック。
ワークショップはモノを作るのではなく、しばしば形に残らないコトを作る時間であるために 記録を本という形にとどめておかないと雲散霧消になりがち。少ない予算の中から制作費を捻出してもらった。
制作にあたってはその土地の“美術やデザインに対する理解や関心が育ちにくい”ことは、 何かしら大人に問題があるのであって、役所にもある。 その問題から目をそらし、大人好みの簡単な本を作るわけにはいかないと思った。
本は舞鶴の赤レンガ倉庫群をモチーフに、読みにくくてもレンガのサイズの本にすることにした。 クライアントが喜ばなさそうな表紙の紙や本文の色遣いにこだわった。 案の定「もう少しお年寄りが読み易くー」といったような指示をいただくことになった。

We want you to bring out and represent the potential desire of this land where
the understandings of art and design tend not to grow.

(About the workshop)

“We want you to bring out and represent the potential desire of this land where the understandings of art and design tend not to grow.” They were asked so and we became in charge of their workshop program. The representation and exchange among the locals are needed to begin a new culture. They suggested the straightforward name “MAIZURU ART SCHOOL,” but the word art does not reach to the people who are not interested in it (or people who think they have no idea about art). Also art and design requires smartness more than a good taste today. So we proposed, during the meeting at Smart Coffee in Sanjo, Kyoto, “MAIZURU smART SCHOOL.” At the workshop, we prioritized people to experience that “it has no answer like a typical class.”

 

(About the book)

It’s an archive of the workshop. Workshop is not about making something tangible, but about time to create something intangible. Therefore, it tends to disappear if you don’t record them as a book so even though the budget was tight, we asked little more. When “understandings or interests of art and design tend not to grow,” there are probably problems among adults there, and city administrations. We knew we couldn’t look away from the issue and make a book that the adults would like. For the book, we decided to make it the size of a brick even if it’s not easy to read. The idea came from the red brick factories in Maizuru. We spent a lot of time on the cover and color of texts, which the client probably wouldn’t like. In fact, we received a direction to “make it more readable for elder people.”