京都音楽博覧会 グッズ

親は子に「自分らしく」生きてほしいと願うのに、
ボーダーを着ているのはどうしてなんだろうか。
ボーダーの服は「らしさ」から一番遠い柄のように思うけど。

くるりのファンにはボーダー好きが多い(だろう)。
会場は梅小路公園だからボーダーが似合う(だろう)ということで、 ボーダーのグッズを作りたくてシンボルマークにもボーダーを推した。売れ行きは好調で全て品切れになった。

洋服の柄として有名な“ボーダー”だけど、外国人にボーダーと言うと、「国境」のことを真っ先に思い浮かべるようだ。 たしかにイギリスに入国する際の「UK BORDER」の看板の威圧感は半端ない。
日本は島国だから、国境を普段は意識せずに暮らしていることから、 “ボーダー”という概念に対する意識も甘くなったというだけだけのことだろうけど、これは世界からみると、 とてものんきに映るに違いない。特殊な国民性だ。
のんきなぼくらは洋服のストライプ柄に“ボーダー”という名前をつけて、のんきに着こなしている。 だいたいボーダーを着てる人はのんきであるし、特に好き嫌いのないピースフルな人間が多い。
それを着ておけばギャルになるより、ガテン系になるよりビジュアル系になるより人に嫌われにくいし 誰とでも友だちになれそうな気がする。
それにしても親は子に「自分らしく」生きてほしいと願うのに、ボーダーを着ているのはどうしてなんだろうか。 ボーダーの服は「らしさ」から一番遠い柄のように思うけど。
というような、とても有名で誰もが知っていて、さまざまなブランドがさまざまなボーダーを作っている現状を踏まえもせず フェスのグッズとしてのボーダーを提案した。

Even though parents hope their children to live as “true selves,” how come they wear border?
Border seems the farthest from “true selves.”

There are many fans of Quruli who like “border” (probably). The venue was the Umekoji Park so we thought border would look great there (probably). So we pitched border for their merchandise and symbol. They were popular and sold out.

Border is famous as a pattern of clothes in Japan, but if you say the word to foreigners, they first think of the border as a country’s border. That’s true. I remember that from the very intimidating signs of “UK BORDER” at the airports in England. Japan is an island nation so people usually live without thinking of our border. So people’s opinions about the concept of border are also not so developed. This must look like happy-go-lucky for non-Japanese people. How unique people we are. We, the happy-go-lucky people, named stripe shirts “border,” and wear them happily. In fact, those who wear border often are happy, have no opinion and peaceful. As long as you wear it, you won’t be too cute, tough or edgy, and people don’t hate you. You feel like you can be friend with everyone. Yet, even though parents hope their children to live as “true selves,” how come they wear border? Border, to me, seems the farthest from “true selves.” Border is well known and many brands make various designs, but without thinking about it well, we pitched border as festival’s merchandise.