学生とつくるカフェ BREATH KUAD

ずっと未完成で変わり続けるカフェ。

2016年のカフェリニューアルオープンに先立ち、新しくする意味についての委員会が立ち上がった。
その議論の中で興味深かったのは 「学生は与えられるばかりで、それが当たり前になっている。それが無関心に繋がっていると考えられる。
自分で行動して変えていこうという意志を持って欲しい」という意見だった。 この意見をこの仕事の中心に据えることで、いいお店が作れると思った。
インテリアデザインやキッチンなどについてはプロのデザイナーが担当され、それなりのクオリティーにはなったが 「芸大らしさ」が足りていないと感じた。
そこで学生デザイナーを募集し、共に少しづつ変えていくことにした。

募集ポスターでは、「このカフェは完成しない」「名前を探しています」という言葉で、 ずっと未完成で変わり続けるカフェであることと、そのプロジェクトの始まりとして店名募集を開始。
1年をかけて、店名の決定とシンボルマーク&ロゴタイプの制作、看板やユニフォーム、紙コップ、 プラコップなどのデザインを行った。
京都市内のカフェもリサーチし参考にしながら、現在も芸大らしいカフェを探して、 イベント企画、ディスプレイ、新メニュー開発など、目に見えるデザインから、「芸大らしいカフェとは」というような 思想のデザインまで幅広く行っている。

Cafe that keeps changing and not completed, forever.

Before the re-opening in 2016, a committee was formed to think about meanings of the cafe’s re-opening. One of the interesting opinions from the committee was this; “Our students are given all the time, and they think it’s normal. It’s one of the reasons they are becoming less incolved with issues around them. I want them to think by themselves and have a will to change.” I thought we can have a nice café with that opinion at the core of the space. There were professional interior designers for the kitchen so it was great in quality wise, but was missing “the sense of art school.” We, then, called designers from the students, and created some changes little by little.

n our posters to recruit students, we used words such as “This café will not be completed” and “Name, wanted.” We wanted to say that the café will keep changing and asked for names of the cafe to begin the project. We decided the name and designed, for next one year, the symbol, logo, sign, uniform, paper cup and plastic cup. We also did research on cafes around Kyoto city as examples. Today, we still try to achive the café with the sense of art school so we design visuals such as display and new menu, but also ideas so we plan events as well.