オープンキャンパス用バッグ、Tシャツ、封筒など

そのモノが生まれた用途を変えることに面白味や芸大らしさを感じるのに。

初めてこの仕事を担当させてもらったとき、他の大学のオープンキャンパスとの違いを作らなければならないと感じ、 ユニフォームの定番である「Tシャツ」をやめて、「ビブス」を提案し、押し切ったのだけれど、 結果としてスタッフから大不評だったことで、翌年からはTシャツにもどってしまったことが今でもくやしい。
着ているスタッフから不評というのはあくまでも内側の事情であり、外から見ている分には一目でスタッフと分かるし チーム感もあるし、着回せるし、とてもよかったので、尚更悔やまれる。

「ビブスには部活やスポーツというイメージが強くあり、普段着に合わせると着こなせない」 というのが不評の主な意見だったが、そのモノが生まれた用途を変えることに面白味や芸大らしさを感じるのに。
とはいえ、着ているスタッフがユニフォームのせいで力が発揮できないとすれば、それはたしかに問題ではあるのだけど。

来場者に配られるエコバッグや、封筒なども合わせてデザインをしている。

Changing the original purpose makes it more interesting and create a sense of art school though.

When we first worked on this project, we thought we needed to differentiate from other schools’ open campus so we proposed and pushed the idea of wearing “sports bibs” instead of “T-shirts.” There were, however, a lot of negative feedbacks from the staff so from the following year, they went back to T-shirts. I am still mortified. Even if it’s not popular from the staff, which was the opinions from inside, and looking at from outside, it was great because it created the sense of a team and you can use it again so it’s still mortifying for me.

“Bibs looks like a sports club, and it’s hard to coordinate with normal clothes.” That was the main negative feedback, but changing that original purpose makes it more interesting and create a sense of art school. On the other hand, if they cannot work fully because of the bibs, that’s of course a problem though.

We also designed eco bags and envelop distributed to the visitors.