WHOLE LOVE KYOTO

“京都=碁盤の目”をギンガムチェックに見立てた。

くるりとの初めての仕事。
ファンだったので夢のような仕事。
彼らのホーム、京都での音楽イベントということで、 “京都の通り=碁盤の目”をギンガムチェックに見立てて、シンボルマークを作った。
京都の歴史や伝統のイメージに不自然ではないように「今」を取り込みたかった。
なるほどギンガムチェックにも長い歴史があり KYOTOというワードと合わせても違和感なくデザインすることができた。 カバンは一澤信三郎さんに特注し、限定生産。

Expressed the grid street through gingham.

The first project for Quruli. It was like a dream because I was a fan of them. It was for their event in Kyoto, their home, so we made a symbol with gingham, based on the idea of Kyoto streets= grid street. We wanted incorporate “today” without disrupting Kyoto’s history and tradition. Gingham also has a long history so it was natural even we matched the keyword of KYOTO. For the bag, we asked custom order at ICHIZAWA Shinzaburo. It was limited edition.