CHEF

時代は海水と淡水の間に住むような、混ざったものを必要としている。

百貨店の海外展開のための“THIS IS JAPAN” をキーワードにしたお菓子の提案。
食べて「おいしい」お菓子というだけでなく、
部屋に飾る、人に贈る、一緒に遊ぶ、身につける、などファッション的要素と混ぜ合わせたラインナップを提案した。
時代は海水と淡水の間に住むような、混ざったものを必要としている。
ムツゴロウのような不思議なモノゴトを作れたらと思う。

パッケージには「食べる」以外の用途が一目で分かるように、
また購入後、 自分でSNSにUPすることをイメージしやすいように、写真を用いることにした。
CHEFというブランドネームはContemporary, History, Eat, Fashion の頭文字。

京都ー東京で仕事を進めるのに困難な距離があったが、伊勢丹の担当者が学生と私達との共働を楽しんでくれたことが、
いいクリエイティブに繋がったと思う。

The world is looking for something mixed, something in between seawater and fresh water.

A planning of candies for the department store’s oversea business expansion called “THIS IS JAPAN.” Not only “tasty” candies, but we proposed somemixtures with the elements of fashion. Such as candies that you can decorate your room, send to someone, play and wear. The world is looking for something mixed, something in between seawater and fresh water. We hoped to create something magical like mudskipper. For the package, we used photos so people can picture ways of the candies besides eating, and uploading their images on social media. The brand name CHEF is the acronym of Contemporary, History, Eat and Fashion. The distance between Kyoto and Tokyo was a little obstacle, but the project manager enjoyed collaboration with our students and team so it led to the great creativity.